イベントを読み込み中

« すべてのイベント

安積親王墓

安積親王陵墓(あさかしんのうりょうぼ)。
和束町内では「たいこ山」「たいこ山古墳」で通っています。

安積親王は聖武天皇の第五皇子で、十七歳で命を落としました(その死因は病死とも、毒殺とも…)。
平城京・恭仁京と紫香楽宮とを結ぶ街道を愛した皇子のために、この地を陵墓として葬られたと伝わります。
大伴家持はこの皇子の臣下であり、この皇子を偲んで詠んだ歌が、万葉集に収められています。

かけまくも あやに畏し 言はまくも ゆゆしきかも 我が大君 皇子の命 万代に 見したまはまし 大日本 久邇の都は
うち靡く 春さりぬれば 山辺には 花咲きをゐり 川瀬には 鮎子さ走り いや日異に 栄ゆる時に およづれの
たはこととかも 白栲に 舎人よそひて 和束山 御輿立たして ひさかたの 天知らしぬれ こいまろび ひづち泣けども 為むすべもなし
(巻3-475)
我が大君 天知らさむと 思はねば おほにぞ見ける 和豆香杣山 (巻3-476)
はしきかも 皇子の命の あり通ひ 見しし活道の 道は荒れにけり (巻3-479)

活道ヶ丘公園の入り口に巻3-476の歌碑が立てられてあります。
(訳)
我が大君(安積皇子)が眠りにつかれるとは思いもかけなかったので、今まで漠然と見ていたものだ この和束の杣山を

陵墓の頂上部はくるっと一周できるようになっており、眺めよく、気持ちのよい風が吹きます。

所在地などは、観光スポットのページでご確認ください

詳細

イベントカテゴリー:
,
お願い
  • 茶畑は私有地です!畑の中には無断で立ち入らないでください
  • 近くまで来て農業者を撮影しないでください、肖像権を守ってください
  • ゴミは必ずお持ち帰りください
  • 農作業の妨げにならないよう、路上駐車はご遠慮ください
    (和束茶カフェの駐車場をご利用ください)